サライ.jp「面白すぎる日本映画」に樹木希林を追悼して『寺内貫太郎一家』
2018.10.09 Tuesday | 17:02 | 牧野良幸の仕事

サライ.jp「面白すぎる日本映画」に先日亡くなった樹木希林さんを忍んで、『寺内貫太郎一家』について書きました。

当時31歳の樹木希林が演じた老婆役が光る『寺内貫太郎一家』【面白すぎる日本映画 第23回・特別編】

今月の「僕の音盤青春記」はストーンズの『ストリップド』アナログで買った話
2018.09.21 Friday | 17:40 | 牧野良幸の仕事

昨日発売になった『CDジャーナル』10月号の「僕の音盤青春記」はローリング・ストーンズの『ストリップド』というライヴ盤の思い出を書きました。

20年以上前の話なんですけど、このあいだのように感じます。この頃からアナログレコードも再び聴くようになったのでした。

来月号はビートルズの『アンソロジー 1』について書く予定です。

福音館書店「たくさんのふしぎ」に今月も不思議な発明「のこりものパンづくりマシーン」
2018.09.11 Tuesday | 20:09 | 牧野良幸の仕事

福音館書店の月刊絵本「たくさんのふしぎ」の巻末の「ふしぎ新聞」に毎回書いている「マキノ製作所」。

今月はのこりものパンづくりマシーン」という機械です。

e-onkyo【こちらハイレゾ商會】にポール・マッカートニー『エジプト・ステイション』
2018.09.11 Tuesday | 20:05 | 牧野良幸の仕事

e-onkyoの【こちらハイレゾ商會】にポール・マッカートニー『エジプト・ステイション』について書きました。

第59回 新作は“かつてのポール風”の名曲が並ぶコンセプト・アルバム

菅井きんさんの追悼してエッセイを書きました、サライ.jp『面白すぎる日本映画』
2018.09.10 Monday | 17:26 | 牧野良幸の仕事

毎月サライ.jpに書いている「面白すぎる日本映画」に、先日亡くなった菅井きんさんの追悼のエッセイを書きました。

黒澤明監督の『生きる』に出演している菅井きんさんは若い姿ですが、その後の存在感がすでに出ています。

若くしてベテラン女優のような存在感の菅井きん。黒澤明監督『生きる』

moraのインタビュー記事にイラスト、『ニーア』のオーケストラ編曲がハイレゾで出たので
2018.09.05 Wednesday | 18:25 | 牧野良幸の仕事

音楽配信サイトmoraのインタビュー記事にイラストを描きました。

スクエア・エニックスのゲーム『ニーア』のオーケストラ編曲がハイレゾで出たのを記念して、ディレクションのヨコオタロウ氏と、音楽を担当した岡部啓一氏の対談です。

インタビューの収録現場にもいましたが、現場の人の話を聞くのは毎回非常に面白いです。

最近のゲームは音楽も独立した鑑賞作品としてソフトが発売されるだけでなく、演奏会もおこなわれるのですから規模が大きいです。対談の模様は下のリンク先でご覧ください。

ヨコオタロウ×岡部啓一(MONACA)スペシャル対談〜『NieR Orchestral Arrangement Album』& 『SINoALICE -シノアリス- Original Soundtrack』同月配信リリース記念 〜

『ビートルズ・ストーリー'74』にイラスト・エッセイ。当時はみんなこうだった
2018.09.04 Tuesday | 17:18 | 牧野良幸の仕事

 

『ビートルズ・ストーリー’74』が発売になりました。

今回もエッセイが巻末に載っております。

74年当時、僕は高校二年生でイラストに描いたような感じで音楽を聴いておりました。

家具調ステレオにデッキが2台。オープンリールとカセットです。

今の高校生に比べたらメチャメチャ重装備だと思いますが、当時はみんなこうでした。

小沢コージ氏の連載「愛のクルマバカ列伝」のイラスト
2018.08.28 Tuesday | 10:35 | 牧野良幸の仕事

今週の『カーセンサー』、小沢コージ氏の連載「愛のクルマバカ列伝」のイラストです。

最近はとみにペイントソフトの「Clip Studio」を駆使するようになりまして、イラストも凝ってまいりました。

 

2020年の自分のアナログ生活を予想。『オーディオ小僧のアナログ日誌』
2018.08.21 Tuesday | 10:46 | 牧野良幸の仕事

サライ.jpの『オーディオ小僧のアナログ日誌』が更新されました。

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

最終回なので2020年の自分のアナログ生活を予想してみました。

高級ターンテーブルは無理としても、スカイセンサーかカセットデッキは手に入れたいものです。

サライ.jpにエッセイ「顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』」
2018.07.30 Monday | 17:26 | 牧野良幸の仕事

サライ.jp『面白すぎる日本映画』が更新。

今回は『大魔神』について書きました。

顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画 第21回】

エッセイにも書きましたが、ホント当時は怖かったです。

今回書いたことについては、来年出版予定の(本当に出るのか?)本で、あらためて詳しく濃密に書きたいと思っていますが、それもお楽しみに。

<< | 2/38ページ | 前回分はこちら→ | >>