夏目漱石の『鶉籠(うずらかご)』と『草合』、初版復刻本を買った
2019.05.23 Thursday | 19:26 | 芸術、映画、音楽、本

個展の準備で神保町に行くとつい中古レコードと古本を漁ってしまう。

先日は夏目漱石の初版復刻本で『鶉籠(うずらかご)』と『草合』がワゴンセールだったので買った。

日本近代文学館の名著復刻シリーズ。

『鶉籠』には「坊ちゃん」と「草枕」。『草合』には「坑夫」「野分」が収録。

しかし当時の本は、大きくて頑丈で重い。

読めないことはないので、読んでみようと思う。

この調子で『それから』『こころ』『明暗』など買いたい気持ちはあるが、結構場所を取るので悩むところだ。

ジャズ喫茶が作った「夢見る黒猫カップ」取っ手は可愛いシッポ!
2019.05.23 Thursday | 10:26 | お知らせ

知り合いの、神保町のジャズ喫茶“ジャズオリンパス!”のマスターが、

猫のイラスト付きの計量カップを作ります。

“ジャズオリンパス!”は“赤いカレー”でも有名なジャズ喫茶。

その調理場で使っている逆さに鍋にかけっぱなしにできる計量カップに、

猫のイラストをつけたモデルを作るそうです。

牧野良幸のながほそい世界 展 こんな作品です。
2019.05.22 Wednesday | 18:57 | 版画

【牧野良幸のながほそい世界】

5月25日(土)から。

東京都 千代田区 神田神保町2-12-1のギャラリーかわまつ

(電話03-3265-3030)。

ギャラリーかわまつホームページ

今回の個展の作品はこんな感じです。

「散歩」板に油彩

 

「赤い家の女」カラー銅版画

 

「ギターを弾く女とマンドリンを弾く女」銅版画

『たくさんのふしぎ』6月号に、便利な消しゴムの絵
2019.05.13 Monday | 20:01 | 牧野良幸の仕事

福音館書店の『たくさんのふしぎ』6月号に、便利な消しゴムの絵を描きました。

痒みや痛みまで消してくれる“消しゴム”です。

毎号、子どもたちの投稿をもとに、絵を描いていますが、

いつも子どもたちの想像力には驚かされます。

【面白すぎる日本映画 第30回】に内田裕也の『コミック雑誌なんかいらない!』
2019.05.10 Friday | 15:37 | 牧野良幸の仕事

サライ.jpに連載している『面白すぎる日本映画』に

内田裕也さんが出演の『コミック雑誌なんかいらない!』を書きました。

結構面白かったです。

人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌なんかいらない!』【面白すぎる日本映画 第30回】

【展覧会のお知らせ】5月25日より「牧野良幸のながほそい世界」展
2019.05.10 Friday | 15:08 | 版画

今月に個展があるのでお知らせします。

ギャラリーかわまつでは5年ぶりの個展となります。

今回の展覧会で取り組んだのは、

ジャコメッティの長い彫像からインスパイアされた細長い女性像。

カラーインクで刷った1版多色による銅版画のほか、

板やキャンバスに描かれた油絵も展示されます。

あわせてご高覧ください。

 

牧野良幸のながほそい世界

~世界がジャコメッティみたいになったら~

2019年 5月25日(土)- 6月8日(土) 

11:00-19:00 (土18:00迄) 日曜休み

※オープニングレセプション 5月24日 (金) 17:00―19:00

展覧会場所:ギャラリー かわまつ (ホームページ)
東京都千代田区神田神保町2-12-1 川松ビル2F

<< | 2/168ページ | 前回分はこちら→ | >>