ポール・マッカートニーの『ケイオス・アンド・クリエイション〜』再発LP
2018.06.03 Sunday | 10:34 | 芸術、映画、音楽、本

ポール・マッカートニーの『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード(Chaos and Creation In The Backyard)』のアナログLP再発を手に入れてよく聴いています。

まずジャケット、LPサイズの方が細部までようくわかっていいですね。

音もアナログの方がやっぱりCDよりエッジが柔らかいです。

レコード盤は180g重量番。MP3のダウンロードが付きますが、CDも持っていることだし、あえてダウンロードする気がしないですね。

レコード盤のレーベルはどこか昔のSP盤のような古臭さで、これもいいです。

一つ気になったのは、いつものことですが紙のレコード袋で、これは専用のものを用意したいと思いました。

星由里子さんを偲んで『ゴジラ対モスラ』です。牧野良幸【サライ.jp 面白すぎる日本映画】
2018.06.03 Sunday | 10:29 | 牧野良幸の仕事

サライ.jp「牧野良幸・面白すぎる日本映画」が更新しました。

今回は先日亡くなった女優の星由里子さんを偲んでの『モスラ対ゴジラ』。

『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白すぎる日本映画 第19回】

山本耕司さんの『マイオーディオライフ2018 』にオーディオルームが掲載
2018.05.30 Wednesday | 15:49 | 牧野良幸の仕事

山本耕司さんの著書『マイオーディオライフ2018 〜それぞれの、音楽とオーディオと人生と〜』が発売になりましたが、その中に自分のオーディオルームも恐れながら掲載されました。

「とても他のオーディオファイルのような部屋、機材ではありませんよ」と最初は遠慮したものの、それでも結構ですということなので、恥ずかしながら登場しました。

あらためて雑誌を見ると、やはり他の方々のは凄い部屋でお恥ずかしい限りです。

『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』細かい修正をご紹介します
2018.05.25 Friday | 18:41 | 牧野良幸の仕事

Amazon  楽天ブックス  タワーレコード  HMV & BOOKS icon

『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』はいよいよ5月28日発売です。

今日、見本誌がいち早く手元に届きましたので細かい修正の模様をいち早くお知らせします。

旧版の復刻なので基本構成は同じです。しかしイラストは全部カラーにしたので、やはり見た感じは違います。着色は原画のイメージを崩さない程度に塗りました。

ただ上のページだけはジャケットを『サージェント〜』に変更してあります。これはネタとなった話が実際は『『サージェント〜』だったので、作者的にひっそりと訂正したわけです。

あと、上のページはカラー化で本当に描きたいものになりました。『FMステーション』の人物化ですが、カラーでないと『FMステーション』の雰囲気は出なかったので。

こちらは、今回新たに書き下ろした3編の一つです。レコードの貸し借りにまつわる話。

これも入れたかった話ですので、今回入れることができてよかったです。

ということで、上の写真を見てわかるとおり、『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』は旧版より、ちょっとだけ厚くなっております(上)。よかったら読んでみてください。

『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』価格(税込)¥2,000
Amazon  楽天ブックス  タワーレコード  HMV & BOOKS icon

企業内冊子のイラスト
2018.05.25 Friday | 11:51 | 牧野良幸の仕事

某企業の企業内冊子のイラストを描きました。

こういうイラストは前向きで爽やかに描くことはもちろん、明るい色で仕上げることも好まれます。

顔も男性、女性、上司、工場の人、営業の人で、各々落ち着く着地点のような表情があります。

「僕の音盤青春記」にアルヴォ・ペルトのCDの話、イラストはプライベートなシーン
2018.05.24 Thursday | 16:55 | 牧野良幸の仕事

『CDジャーナル』6月号が発売。「僕の音盤青春記」はアルヴォ・ペルトの『ミゼーレ』という90年代のCDについての話です。

しかしながらイラストは僕と父親の絵。音楽雑誌にこんなプライベートな絵でもいいのかと思いつつも。

<< | 2/152ページ | 前回分はこちら→ | >>