<< 海外青年協力隊『クロスロード』、イラストを通じて海外の文化を | main | 今月の「僕の音盤青春記」はストーンズの『ストリップド』アナログで買った話 >>
ジョン・アーヴィング『神秘大通り』を読みました。
2018.09.19 Wednesday | 17:51 | 芸術、映画、音楽、本

ジョン・アーヴィング『神秘大通り』を読みました。

相変わらずの、めくるめく悲喜劇の世界。

最初、上巻の始めで、文章がなかなか頭に入ってこず、読み進めなかったですが、以降はぐんぐんと読み進めました。

これ、翻訳は難しかっただろうなと、予想してしまいます。