<< ピザの配達の人の元気はいいのだが | main | 花粉症つらいですね >>
「ニュースを続けます」とキャスターは言うが
2011.03.06 Sunday | 20:13 | テレビ
こんばんは、マッキーです。
日曜日も仕事です。
先日、福音館のメルマガ『あのねメール通信』に、1年間書いていたエッセイ「絵本の散歩道」の最終回が配信されました。最終回は大竹伸朗の『ジャリおじさん』についてのエッセイ。福音館のHPでバックナンバーが読めます。

NHKの9時のニュース、青山キャスターはもうじき番組を降りる。ファンだったので残念。7時のニュース、半井お天気キャスターも番組終了。こちらも、ちょっぴりファンだったので残念。



このように、ニュースくらいしか見ないわたしだが、いつも気になるのはキャスターのこんなセリフである。ひとつのニュースが終わったとき、

「…ニュースを続けます。先日の雇用統計で……」

この「ニュースを続けます」って何だろう。ニュース番組だから、ニュースしかないだろうに。
きっと「気分を変えて、新しいニュースです」というような節目を強調したいのだろう。雑誌で言えば、ページをめくった感じ。民放で言えばCMのあとの感じを出したい言い回しなのだろう。

細かいことだけど、NHKのニュースはたいがい「ニュースを続けます」って言葉を挟むのだよね。