藤本国彦さんの『ビートルズはここで生まれた』はディープなビートルズ・ツアー本
2018.08.06 Monday | 18:49 | 芸術、映画、音楽、本

元CDジャーナル編集長で、現在はビートルズ関連のお仕事で活躍の藤本国彦さんの『ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼from London to Liverpool』を読み終わりました。

 本書は藤本さんと、藤本さんが名古屋で持っているビートルズ講座のメンバーの方たちで、ロンドンとリヴァプールに「ビートルズ・ツアー」に行った旅を綴った本ですけど、

いやー、面白かった。

僕も9年前に藤本さんとロンドンとリヴァプールに行って、その様子は『僕のビートルズ音盤青春記1976ー2015』という本に書きましたけど、本書では9年前に行かなかった場所がたくさん載っていて、めちゃくちゃディープなビートルズ巡りです。相当なビートルズ・ファンでもびっくりするでしょう。それを団体旅行のように行ってしまう面白さ。

行ったところがある場所は、9年前との違う部分などが面白かった。そして行ったことがない場所も本書にはたくさんあって、それが羨ましかったです。

一番羨ましかったのはリヴァプールのピート・ベストの母親の店カスパ・コーヒー・クラブで、地下室にはデビュー前のジョンが名前をナイフで掘ったあとがあったり、ポールがペンキ塗りをした天井があったり。 藤本さんがガイドブックと言うよりビートルズ・ファンの視点で書いているのが本書の面白さだと思います。

写真もただの場所ではなく、本人たちがポーズを取ってビートルズになりきって写っているところがミソ。そこに自分を当てはめてニンマリしちゃいました。

本書は将来ロンドンやリヴァプールでビートルズゆかりの地を訪ねたい方にはベストのガイドブックになると思います。行ったことがある人でも、ここまでディープなビートルズ巡りはしていないでしょう。ぜひご一読を。

ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼 from London to Liverpool/藤本国彦

Amazon
楽天市場
Tower Records

サライ.jpにエッセイ「顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』」
2018.07.30 Monday | 17:26 | 牧野良幸の仕事

サライ.jp『面白すぎる日本映画』が更新。

今回は『大魔神』について書きました。

顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画 第21回】

エッセイにも書きましたが、ホント当時は怖かったです。

今回書いたことについては、来年出版予定の(本当に出るのか?)本で、あらためて詳しく濃密に書きたいと思っていますが、それもお楽しみに。

今月の「僕の音盤青春記」はローリング・ストーンズの『ヴードゥー・ラウンジ』
2018.07.23 Monday | 18:50 | 牧野良幸の仕事

『CDジャーナル8月9月合併号』が発売。今回の「僕の音盤青春記」はローリング・ストーンズの『ヴードゥー・ラウンジ』を取り上げてみました。

90年代のストーンズのアルバムですが、CDで買ってよく聴いたものです。

絵の中の骸骨はCDのライナーにあった写真からおこしました。骸骨って絵描き心をくすぐるので、つい力が入ってしまいます。

『オーディオ小僧のアナログ日誌』一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病
2018.07.19 Thursday | 18:04 | 牧野良幸の仕事

サライ.jpに書いている『オーディオ小僧のアナログ日誌』が更新されました。

今回はレコードの「箱買い」についてのエッセイ。

先日もオペラの中古レコードを「箱買い」をしたところですが(笑)

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

架空のラジオですがスカイセンサー風
2018.07.18 Wednesday | 18:05 | -

福音館書店の「たくさんのふしぎ」に連載の「マキノ製作所」。

今回は架空のラジオですが、ソニーのスカイセンサーのようなデザインにしてみました。

子どもは分からないだろうけど(笑)

無性にシカゴが聴きたくなる時があります
2018.07.16 Monday | 09:23 | 芸術、映画、音楽、本

無性にシカゴが聴きたくなる時があります。

それも無性に「ロウダウン」と言う曲ですが。

この『ライヴ・イン・ジャパン』にはサイド1に日本語で歌う「ロウダウン」が入っています。

他にも「サタデイ・イン・ザ・パーク」とか濃い曲がサイド1に入っていて、この面だけでお腹いっぱいになりますね。

| 1/153ページ | 前回分はこちら→ | >>