『こちらハイレゾ商會』にシェーンベルクの「清められた夜」のハイレゾについて書きました
2019.09.11 Wednesday | 18:36 | 牧野良幸の仕事

『こちらハイレゾ商會』。

今回はシェーンベルク「清められた夜」のハイレゾを取り上げました。

「マイスター・ミュージック」というレーベルの高音質録音。

第71回 シェーンベルクの「清められた夜」がロマンティックに響いたハイレゾ

福音館書店『たくさんのふしぎ』に架空の発明品のイラスト
2019.09.04 Wednesday | 14:26 | 牧野良幸の仕事

福音館書店の月刊『たくさんのふしぎ』の巻末「ふしぎ新聞」に描いているイラスト。

毎号、子どもたちからの投稿をもとに、発明品を作り上げる。

今回の10月号では、アドバイスロボット。将棋に限らず、一台欲しいロボットだ。

【僕の昭和少年時代】今回は、昭和43年、カラーテレビが家に来た話の書きました。
2019.08.28 Wednesday | 19:08 | 牧野良幸の仕事

連載中の『僕の昭和少年時代』。

今回はカラーテレビが家に来た話を書きました。

合わせて、手塚治虫の「ジャングル大帝」のアニメのことも書きました。

良かったらご覧ください。

第11回 カラーテレビと僕のカラー体験

映画『イエスタデイ』ビートルズのいない世界を観ましたが、恋愛映画としても良かったです。
2019.08.28 Wednesday | 18:46 | 芸術、映画、音楽、本

10月に公開になる『イエスタデイ』の試写会に行ってきました。

ある日、ビートルズが存在しない、誰もビートルズを知らない世界になったら!?

というテーマの映画。

ビートルズ・ファンの心をくすぐるオモシロ・シーンがたくさん出てきましたが、

こちらが想定した以上に、ヒネリのきいたビートルズ・ネタが良かったです。

ビートルズを知らない人々の行動は、

それもまたビートルズへのオマージュとなっている気もしました。

エド・シーランという現実のアーティストを絡めたのもうまいと思いました。

そしてビートルズ以外でも、恋愛映画としてもよくできていることも大きく、

それが観た後の充実感になったと思います。

映画『イエスタデイ』公式サイト

サライ.jpに松田優作主演『蘇る金狼』のエッセイ【面白すぎる日本映画 第33回】
2019.08.16 Friday | 19:03 | 牧野良幸の仕事

サライ.jp『面白すぎる日本映画』に、

松田優作主演の『蘇る金狼』のエッセイを書きました。

“男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】

『ロケットマン 』サントラをハイレゾで聴いた感想
2019.08.16 Friday | 18:47 | 牧野良幸の仕事

こちらハイレゾ商會

第70回 “エルトン・ジョンのテーマ・パーク”に来たように楽しめるサントラ

エルトン・ジョンの半生を描いた

映画『ロケットマン』サントラのハイレゾのエッセイを書きました。

映画を観るのが楽しみになってきました。

| 1/172ページ | 前回分はこちら→ | >>